美人風俗嬢の目力

途中入社して良かったと思う

転職したんですよ、自分。それまでの会社は不満というか不安というか。この先ずっとこの仕事をしていくのかなって思ったら、それなりに不安になってしまうのは仕方ないですよね。だから転職しようって思ったんですよ。でも、嬉しい誤算というか転職先のオフィスが風俗街の近くだったんです(笑)少し調べればわかることですけど、転職する際には真面目に取り組んでいましたので、内定をもらってからいろいろと調べているうちに知ったんです。その時、一気にテンションが高くなりましたね(笑)予期していなかっただけに、まさかそんな環境にあるとは思わなかったというか、転職する際にはさすがに風俗のことなんて考えていられないじゃないですか。でも考えることが出来たんです。その事実だけでも嬉しいものですよね。仕事も順調でお給料も増えるし、更には近くに風俗店まであるしで、今の会社に転職出来て公私ともに良かったなって思っています。毎日会社帰りに悩みますしね(笑)

何気にありがたい話ですよね

極々たまに風俗に行くくらいの自分なんですけど、そんな自分のことを覚えてくれている風俗嬢がいるんです。覚えてもらっているって認識してからは、自分で言うのも単純ですけど常にその風俗嬢を指名するようになりました。ホームページを見るじゃないですか。そこでそそられる女の子を指名するようにしていたんです。でも、好みってブレないので自分ではリピートしたとは気付かずに、同じ風俗嬢を指名したみたいなんですよ。それが彼女だったんです。こっちは気付いていなかったんですけど、彼女の方から「前も指名してくれたよね」と話しかけてくれたんです。当初は適当に言っているだけなのかなって思ったんですけどかなり鮮明なんですよ。それで自分でも思い出したのと、彼女は本当に覚えてくれているんだなって思ったら、今後もぜひ彼女を指名しなければならない。そんな使命感も出てきたので、最近では彼女のことを指名する機会が増えつつあるんですよね。